ドルフィンスルー -サーフィン初心者ネット-

波をくぐり抜けるテクニックがドルフィンスルーです。

サイトマップ

沖に向かってパドリングしているときも沖から波はやってきます。 その波を越えていかなければ、波の力で戻されてなかなか沖にはいけません。

波をくぐり抜けるテクニック、それがドルフィンスルーです。

 

ドルフィンスルーをするタイミング

沖へパドリングしているときに、波が向かってきたらドルフィンスルーの体勢に入るわけですが、このタイミングがかなり重要なポイントとなってきます。

言葉で書くと、波が来る少し手前、となるのですが、サーフボードの浮力や自分の体重により、サーフボードの沈めやすさが違うので、人によってタイミングが異なります。早すぎると波が通過する前に浮き上がり押し返されますし、遅すぎると波をくらってしまい押し返されます。

波に押し返されなければOKなので、何度も試すことにより自分のタイミングを見つけてください。

ノーズを沈める

タイミングを見計らい、ドルフィンスルーをやるぞ、という状態になったら、サーフボードのレールをつかみます。この時につかむ場所は、テイクオフのときよりもノーズよりであり、サーフボードの上に腹ばいになったときのちょうど肩辺りの位置です。もし、それでも沈めずらい場合は、もう少しノーズよりをつかみましょう。

レールをつかんだら、両手でノーズを沈めていきます。極端にノーズを沈めすぎるとバランスが崩れますので、感覚としては、ノーズから沈めるのですが、水中でサーフボードが水面と平行になるような感じにします。

 

足をひきつけて沈み込む

ノーズが沈みだしたら、腰を浮かして蹴りこむ方の足をカラダにひきつけ、つま先をテールにかけます。

デッキパッドを貼っている人は、デッキパッドの下側の盛り上がっている部分につま先をかけます。蹴りこむ足は、レギュラースタンスであれば右足、グーフィースタンスであれば左足です。

そして、そのままの体勢で腰のあたりまで体を沈めます。このとき、頭や背中は腰よりも低い位置となっていることが重要です。

 

サーフボードを蹴りこみ波をくぐる

腰まで沈めたらテールにかけている足を一気に蹴りこみます。深くテールを押し込むようにして蹴りこむと、反動により反対側の足が上にあがります。ドルフィンスルーをしているサーファーを後ろから見ると、最後に片足が上がっているのはこのためです。

テールが沈めば、自然と体も波の下に沈んでいるはずです。

サーフボードは浮力がありますので、サーフボードが浮き上がろうとしますが、腕の力を抜きサーフボードをカラダにひきつけるようにして潜った状態を維持します。

 

波の向こうへ浮き上がる

サーフボード自体に浮力がありますので、サーフボードにつかまっていれば、進行方向に自然に浮き上がってきます。

水面にガバッと出れたら、ドルフィンスルー完了です!

 

ドルフィンスルーのまとめ

最初は、タイミングもうまくつかめず、バランスも崩れ、うまくいかないかと思います。

頭の中で理解するのと実際にやるのはやはり違うので、何度も練習することで、感覚をカラダに覚えさせましょう。

ドルフィンスルーをマスターすれば、波のサイズがあっても沖に出れるようになりますし、その分、いい波に乗れるようになりますよ。

 

↑ ページトップに戻る ↑

売れ筋ランキング

2015年11月現在

サーフィンマニュアル

各マニュアルの
レビュー(評価)は
こちら

第1位

サーフィン上達
プログラム

第2位

サーフィン
やってみよう!

第3位

ロングボード初心者
脱出プログラム

サーフィン向けサプリメント

第1位

ナイトリックス
一酸化炭素ブースター

第2位

BCAA
(分岐鎖アミノ酸)
+グルタミン酸

第3位

アニマルパンプ
(アスリート用スーパークレアチンミックス)