ドライスーツの破壊力! -サーフィン初心者ネット-

冬サーフィンの強い味方「ドライスーツ」。一度体験したらもう手放せないウェットスーツです。

サイトマップ

ドライスーツって興味ありませんか?

寒がりの私はすごく興味がありました。なんせ、水が入らないのですから!!

 

服を着たままサーフィンできる!

水が入らないということは、普通に服を着たままでサーフィンできるということになります!

しかも、カラダが濡れないので、まったく寒くないのです!!

ということで、ドライスーツを思い切って購入しました。そしたらあまりの快適さにビックリ!!冬のサーフィンが驚くほど楽しくなったのです。冬にサーフィンされたことがある方はわかると思いますが、一番つらいのが着替えのときに裸になること。風が吹いているときなんかめっちゃ寒いです。

ウェットスーツを着るときはある程度車で準備することもできますが、ウェットスーツから普段着に着替える時は車の中というわけにはいきません。天気にもよりますが、真冬の寒空の下、水に濡れたカラダで着替えをしなくちゃいけないのはかなりの苦痛。

それが、ドライスーツは服を着たまま着る形のため、着替えという概念がありません。ウェットスーツを脱げば完了。着用の仕方によっては、多少首回りが濡れることがありますが、そんなのは車の中でササッと着替えてしまえば何の問題にもなりません。

基本的にウェットスーツを脱ぐだけのため、帰り支度の時間も短縮になります。

何より、服を着たままサーフィンをする、という不思議な感覚をぜひ味わってもらいたいものです。一度ドライスーツの魅力に取りつかれると、冬はこれなしではいけないかも、です。

 

冬なのに、暑い・・・

波のコンディションにもよりますが、波の感覚が長いと波待ちの時間が結構あると思います。パドルをしてれば、カラダを動かしているため、ポカポカしてくるのですが、波待ちは基本的に止まっているので、どうしてもカラダが冷えてきてしまいます。

ですが、ドライスーツを着用していると、カラダが水に濡れていないので、熱を奪われにくくなり、波待ちが長くても全然寒くありません。

セミドライの友人とサーフィンに行ったとき、友人は「波待ちのときって、結構さみーよな」といっていたのですが、私は不謹慎ながら「ごめん、逆に暑いわ・・・」と返答してしまいました。

ドライスーツは、中に着る服で調節できるため、そのときはちょっと厚着だったかなと思いますが、冬のサーフィンにおいて、海の上で「暑い」と言える感覚って、凄いと思いませんか?

 

おすすめのドライスーツ

ドライスーツの技術もここ最近どんどん進化してきているため、質が良くなってきているとともに、価格も下がってきています。そろそろ買い時かな、と考えている方は、試してみてもよい感じになってきていると思いますよ。

rash ドライスーツRASH ドライスーツ ALL3.5mm

高品質を誇る国産ブランドの最高峰であるRASHのドライスーツ。動きやすさを重視したドイツTI-ZIP社の防水ファスナー(気密度 0.5kgf/cm*cm)を採用。インナーで調節可能なため、3.5mmでも十分な暖かさ!ドライスーツの破壊力をぜひ試してください。もう、セミドライには戻れないですよ!!

 

 

↑ ページトップに戻る ↑

売れ筋ランキング

2015年11月現在

サーフィンマニュアル

各マニュアルの
レビュー(評価)は
こちら

第1位

サーフィン上達
プログラム

第2位

サーフィン
やってみよう!

第3位

ロングボード初心者
脱出プログラム

サーフィン向けサプリメント

第1位

ナイトリックス
一酸化炭素ブースター

第2位

BCAA
(分岐鎖アミノ酸)
+グルタミン酸

第3位

アニマルパンプ
(アスリート用スーパークレアチンミックス)