視力がよくない! -サーフィン初心者ネット-

視力が悪いと波がよく見えないので、サーフィンするにはつらいですよね。

サイトマップ

視力がよくないサーファーもけっこう多いと思います。かくいう、私も視力がよくないサーファーの1人でした。視力が悪いと波がよく見えないので、サーフィンするにはつらいですよね。

コンタクトレンズ

視力の悪い多くのサーファーはコンタクトレンズをつけていると思います。だって、メガネじゃサーフィンできないですもんね。

裏技として、度付きの水泳用ゴーグルでやるって方法も個人的には「あり」と思いますが、実際には見たことないです。

やはり、大きな波だとゴーグルが吹っ飛んじゃう可能性もありますし、なによりカッコ悪いですし・・・。それに、天気のいい日にゴーグルしてサーフィンやったら、ゴーグル跡の日焼けが残って顔がパンダになっちゃいますしね(笑)

ということで、視力の悪いサーファーがサーフィンするときにはコンタクトレンズになると思います。ハードコンタクトレンズは、激しい運動は厳しい(ズレたり、落ちたりする)と思いますので、ソフトコンタクトレンズですね。ただ、ソフトコンタクトレンズとはいえ、目に水が入ったり、板がぶつかった衝撃だったり、目をこすったりしたときには、ソフトコンタクトレンズでも外れることがあります。(私は、この3つ、全てで外れてしまった経験があります・・・)

このように無くしてしまうリスクや衛生面を考えると、サーフィンのときは1Dayタイプの使い捨てソフトコンタクトレンズがベストです。普段は、メガネなり1Dayタイプではないコンタクトレンズをするなりして、サーフィンをやるときのみ、1Dayタイプのソフトコンタクトレンズを着用。サーフィン終了後は、またメガネや通常のコンタクトレンズに戻す。このようにすれば、問題なくサーフィンができます!

 

ただ、怖いこともあります。

 

 

それは、海の中で目を開けられないこと。

 

 

ドルフィンスルーのときは、自ら水に潜るので目をつぶっていればよいですが、不意に波に巻かれたときなどは、状況を把握するためにも一刻も早く目を開けたいのです。

 

でも、あけられない・・・・。

 

 

それはコンタクトレンズが流れてしまうからです。

 

 

波に巻かれて目が開けられないのは想像以上に怖いものです。どこに障害物があるのか、自分の位置は今どうなっているのか、全然把握できません。初めて大きな波に巻かれたとき、つい目を開けてしまって、コンタクトレンズが流れて、慌ててしまいました。

コンタクトレンズを流さないように注意して、サーフィンしましょう!

 

レーシック

レーシックって聞いたことありますよね?今話題の近視を矯正する手術のことです。興味がある人も多くいるのではないかと思います。コンタクトレンズ生活やメガネ生活からサヨナラできてしまいますので。

今は、プロサーファーを含め、多くのスポーツ選手も実施しています。海に入るなら、コンタクトレンズをつけないで見えることに越したことはないですよね。

とはいえ、「手術って不安だよね・・・」「料金って結構高いし・・・」と悩まれている方もいるのではないかと思います。

 

もちろん決して安くない手術です。

 

それにあなたにとってかけがえのない眼を手術するのですから、実施する場合は、料金の比較はもちろんのこと、術前、術後のケアがしっかりと行き届いたクリニックを選びましょう。

レーシックに関しては、インターネットで検索すると様々な情報があふれていていますが、正直全てが正確な情報とは限らない部分があります。正確な情報を取得するためには、レーシックを実施しているクリニックに資料請求することが一番の近道です。正確な情報を集めてよく検討した上で実施することをおすすめします。

⇒無料のレーシック資料一括請求はこちらから

ちなみに、私もレーシックを実施した人のひとりです。右0.05、左0.04 ⇒ 両目2.0まで回復しました。

 

レーシックに踏み切れない方へ

「レーシックには興味あるけど、やっぱり不安だし、金額的にもけっこう高いからなぁ・・・」

と思われている方もけっこういるのではないでしょうか。レーシックは金額的にも10~20万くらいしますし、何より自分の大切な眼を手術するってことは、けっこう抵抗があると思いますし、あって当然だと思います。

すでに手法が確立されており、比較的安全な手術といわれておりますが、実際に、ずさんな治療体制の医院では、合併症や後遺症が残ってしまうケースもあり、100%安心と言い切れないのは、さまざまなメディアで言われているとおりだと思います。私は、実際にレーシックを実施して視力が回復していますが、そのような合併症や後遺症がなくて本当によかったと思っています。

サーフィンや普段の生活では眼が悪くて不便を感じることがあるけど、レーシックまで踏み切れないという方は多いのではないかと思います。私も昨今のレーシックによる合併症や後遺症の情報を事前に聞いてしまっていたら、レーシックに踏み切れなかったんじゃないかと思います。

そういう方々にオススメしたいのが視力回復マニュアルです。大切な眼を手術しないで視力を回復させる方法が記載されてます。視力回復の専門家が推奨している方法なので一見の価値ありと思います。

私自身は、すでにレーシックを実施してしまっているため、このマニュアルを試してみることができないのが残念なところですが、レーシックを実施しようかどうか本当に迷っていた友人に紹介してみました。友人はこのマニュアルを購入するにあたっても、相当悩んでいたようですが、「レーシックで失敗したら取り返しがつかないが、この視力回復マニュアルでうまくいかなくてもちょっとした金額の損失だけだから」ということで、このマニュアルを購入して実践してみたようです。

その友人と1ヵ月後にあったら、「コンタクトレンズの煩わしさから解放されたよ!」と驚きの知らせがありました。視力は右0.2→0.9、左0.3→1.0になったと言ってました。レーシックを実施して両目の視力がともに2.0になったという私の話を聞いていたので、少々不満気味のようでしたが、費用対効果や安全性を考えればすごいことですよね。

私の友人のような結果が全ての人に現れるかどうかはわかりませんが、リスクや安全性を考えると、非常によい選択肢の1つではないかと思います。

その友人に紹介したマニュアルは、14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye"というものです。あの任天堂DS「【目】で右脳を鍛える」で有名な “視力回復の第一人者”である川村明宏博士の「手術を一切しないで、簡単に視力を回復させる方法」です。視力が悪くなる原因から視力を回復させる方法、そして、回復させた視力を二度と落とさない方法が詳しく記載されてます。そのうえ、価格もレーシックに比べれば全然安く、また安全なため、視力に悩んでいる方は試してみることをオススメします。

⇒マニュアルの詳細はこちら

画像

 

↑ ページトップに戻る ↑

売れ筋ランキング

2015年11月現在

サーフィンマニュアル

各マニュアルの
レビュー(評価)は
こちら

第1位

サーフィン上達
プログラム

第2位

サーフィン
やってみよう!

第3位

ロングボード初心者
脱出プログラム

サーフィン向けサプリメント

第1位

ナイトリックス
一酸化炭素ブースター

第2位

BCAA
(分岐鎖アミノ酸)
+グルタミン酸

第3位

アニマルパンプ
(アスリート用スーパークレアチンミックス)