ターン -サーフィン初心者ネット-

サーフィンのテクニックはほとんどターンがベースとなるため、ターンがうまくできるようになれば、その後のさまざまなテクニックへつながっていきます。

サイトマップ

テイクオフを覚え、横に滑れるようになってきたら、次はターンです。

サーフィンのテクニックはほとんどターンがベースとなるため、ターンがうまくできるようになれば、その後のさまざまなテクニックへつながっていきます。

正しい姿勢をとろう

うまいサーファーの方はライディングの姿勢がきれいですよね?

姿勢がいいのはカッコイイから、ではなく、よいターンをするのに必要だからなのです。姿勢が悪いとなかなかターンがうまくできません。

ヒザを曲げて腰を落とし、重心を低くして、視線は進行方向に向けましょう。

フロントサイドの場合、自分では腰を落としていると思っていても猫背になっているだけ、という場合もありますので、注意してください。背筋を伸ばすことが大切です。

バックサイドの場合、背中越しに波のほうへ顔を向けると、腰が引けたような状態となってしまいます。ヒザを曲げて腰を落とすのはフロントサイドと変わりませんが、プラスして、進行方向へ腰をひねり、進行方向の肩ごしに波をみるような感じにします。

 

重心を意識しよう

サーフボードは、レールに重心をかけることにより曲がります。右側のレールに重心をかけると右側に曲がり、左側のレールに重心をかけると左側へ曲がります。

フロントサイド側に曲がりたい場合は、腰を落としたまま足のつま先側へ体重をかけるようにします。バックサイド側に曲がりたい場合は、腰を落としたままかかとの内側へ体重をかけるようにすればOKです。

最初はスープライディングで試してみるのもいいですよ。しっかり体重をかけられていれば、曲がりたい方向へボートが曲がってくれます。

 

↑ ページトップに戻る ↑

売れ筋ランキング

2015年11月現在

サーフィンマニュアル

各マニュアルの
レビュー(評価)は
こちら

第1位

サーフィン上達
プログラム

第2位

サーフィン
やってみよう!

第3位

ロングボード初心者
脱出プログラム

サーフィン向けサプリメント

第1位

ナイトリックス
一酸化炭素ブースター

第2位

BCAA
(分岐鎖アミノ酸)
+グルタミン酸

第3位

アニマルパンプ
(アスリート用スーパークレアチンミックス)